読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアの最安値~!ペルセウスmicrotelecomが安い!

また!DRM放送の受信も仮想オーディオケーブルの設定で受信でき!パソコンとの接続はUSBケーブルのみで大変すっきりです。 PERSEUSでの初受信はJJY短波終了後に40kHzと60kHzのJJY。MacBookProのBootcamp環境で使用してみましたが、この機種からのノイズの影響はかなりあります。

コチラです♪

2017年03月10日 ランキング上位商品↑

microtelecom ペルセウス ソフトウェアmicrotelecom PERSEUS (ペルセウス 受信機) SDR (ソフトウェア受信機 短波) (AOR)

詳しくはこちら b y 楽 天

満足しています。BCLを初めて以来の感動です。電波が見えます。 販売店さんも非常に良い対応でした。 アイコム=井上ですからねぇ・・・wwwネットや専門誌で評価の高い通り画期的な受信機ですね。フリーソフトを使えば!寝ていても!仕事をしていても!狙った周波数帯を記録してくれるというのは素晴らしいの一言です。(ソフトウェアですが)なにがすごいラジオか!なんと中波帯の電波をまるごとパソコンに取り込んで後からゆっくりと聞き込むことができるラジオです。他のSDRでぼんやりしている波形でもこの機械だと信号がはっきり見えて、切れ味抜群です。以上の点を踏まえれば非常にお買い得な受信機と言えます。30年前にアナログ機器で受信していた頃も味わい深いものがありましたが、デジタル化された現在の利便性を武器に聴き込むなら、やっぱこれしかないでしょう! 買って感動する商品はそうないですよ。ひさびさに楽しい受信機です。なんと言っても電波を視覚的にとらえ、マウス操作でノイズや混信をカットできるというのがすばらしいです。混信除去のさまざまなアプローチが視覚的に行えるだけに今まで頭の中でイメージしていたことが納得させられる感じでした。パソコンからのノイズの影響は小さいですが全くないということではありません。ソフトウェア受信機の使用は初めてでしたが!取り扱い説明書もわかりやすく記載されています。 時代は変わったんだなぁ と実感し!アナログからデジタルになったんだぁ。受信機としても、大変満足しています。windowsマシンではまったくありません。ダイヤルをぐるぐる回す受信機しか知らない自分ですが!この度!PC制御型を初めて購入しました。。ただし、受信感度はやや低めに設定されているので、アンテナにはそれなりの投資が必要です。推奨スペック以下(CPU:Celeron1.60GHz,RAM1.24GB)でもリスニングだけなら十分使えます。これからは我が家のメインになるでしょう。これを開発した人もえらい!!!正月はみかんでも食べながらBCLに夢中になろうと思います。信号とノイズの分離が大変優秀です。操作も、マウスの真ん中にあるコロコロ(名前を忘れた)で操作できるので、簡単!!で、購入時、注意しておきたいことは、接続先のPCのCPUパワーとメモリ容量とHDD(録音するなら)容量も大事ですが、PCのサウンドカードの性能も特に大事です。付属のサーバー機能を使えば!遠方で受信した信号を見ることができるのも実に便利です。受信機本体もコンパクトでありながら高性能で大変満足しています。ただ、ヨーロッパでは最適なのかもしれませんが、アッテネータや、フィルタが充実しているのに、感度が少々低いので、良いアンテナが必要なのかも。ノイズ対策はしているけど!これでもか!ってぐらいの対策をしたほうが良いと思う。 買って損は無い、一台は持っておく必要がある。性能とか機能はDXerが賞賛している通りだった。 評判は購入前から解っていました。 楽しいです。 指先でグルグルしながらチューニングしていたのが!今ではマウスでチューニング。受信範囲のコントロールも思いのまま。これ 絶対に買いですね。BCLリターン組です。PC側から音を出すのでプアなサウンドカードだと何を言っているか判別できないことが多いです。最近のラジオと思って購入しましたが!これとんでもないラジオです。 なんとまぁ・・・当初、井上電機のIC-R75とPERSEUSとで迷ったが、こちらを選択したことは正解だった。まるで電波が見えるようです。その他動作にはまったく問題はありません。従って、なるほどと思うことばかりです。感動物です。なんといってもスペクトラムスコープが大変秀逸で、混信除去などは画面を見ながら自由自在です。対応 OS に制限がありますが!将来性に期待して5つ星です。次のロット以降円高のメリットが反映されるとよいのですが....まず SDR にはあまり興味は無かったのですが、スペクトラム・アナライザーとして購入しました。